八ヶ岳ミュージックセミナー2018 Part20

2018年8月3日(金)~8月6日(月)
長野県南佐久郡川上村文化センター

八ヶ岳ミュージックセミナー

概要

詳細は実施要項(pdf)をご覧ください。

八ヶ岳ミュージックセミナーは、緑豊かな川上村に合唱人が集い、作曲家、合唱指揮者、声楽家と共に新たな合唱像、合唱音空間を探求するセミナーです。

このセミナーでは、毎回個性溢れる作曲家を講師にお招きし、作曲家自らの指導・指揮による「新作委嘱作品の演奏」や、作曲観・作品について語る「レクチャー」、そして参加者と共に合唱の未来について語り合う「シンポジウム」、委嘱作品をはじめ、さまざまな合唱作品を演奏する「コンサート」を行います。

セミナー開催地川上村は「高原野菜発祥の地」。産地ならではの新鮮な高原野菜のサラダバーや夕食を兼ねた講師との懇親会など、お楽しみもたくさんです!!

セミナーにご参加の皆さまはもちろん、ご参加いただけない方々にも、新しい作品の誕生に携わっていただける「支持会員制度」もあります。お一人でも多くの皆様のご協力をお願い申し上げます。

1999年、島根県隠岐島で産声をあげたこのセミナーは、長野県川上村に居を移して着実な歩みを続け、今夏で記念すべき20回を迎えます。この間25人の作曲家による28の新しい合唱作品が委嘱初演され、世に羽ばたきました。

今回のセミナーでは、20回企画特別企画として、実行委員を務める作曲家による新作を含む作品を演奏予定です。

日時・場所

2018年8月3日(金)~8月6日(月)
長野県南佐久郡川上村文化センター

レクチャー

8/3(金) 新作を語る ―― 寺嶋陸也・新実徳英

シンポジウム

8/6(月) 作曲家の考え方 ―― 僕たちの場合 寺嶋陸也・新実徳英

  1. 私の作曲法一作曲とは何か
  2. 古典から現代―名作を巡る作品論
  3. 各種楽器、そして声の魅力.に ついて
  4. 作曲とピアノ
  5. 連弾の愉しさ ハンガリー舞曲・小組曲・ピアノソングブックから各 1曲

レッスン曲

混声

「A Song and Songs for Mixed choir」(2018年度委嘱作品)
作曲:新実徳英
詩:谷川俊太郎 (訳:W.I.エリオット、川村和夫)
指揮:新実徳英

男声

九相図(仮題)(2018年度委嘱作品)
作曲:寺嶋陸也
指揮:寺嶋陸也

女声

女声合唱組曲「秘密の花」
作曲:西村朗
詩:大手拓次
指揮:藤井宏樹

混声 グレゴリオ聖歌

Christus factus est
Ut queant laxis
指揮:片山みゆき

コンサート

8/5(日) 3:30PM開演 一般入場可 入場無料

レッスン曲 4作品

東信合唱団
混声合唱組曲「千曲川の水上を恋ふる歌」
作詞:薮田義雄/作曲:小山章三
指揮:栗山文昭