オープニングコンサート 240光年の響き~来し方・行く末~ Thoughts over Our Past and Future


2022年4月29日(金・祝)5:00PM開演
すみだトリフォニーホール(大ホール)

  • 企画:岸信介/古橋富士雄/栗山文昭
  • 照明:成瀬一裕
  • 舞台監督:八木清市
  • 来し方

    加藤直 台本・詩・演出/林光 作曲
    1.音楽劇「ヴィヨン・笑う中世」より はじまりの四行歌 たっぷりマルゴーのバラード
    2.合唱劇「冬のオペラ・大正二十五年の」より いつもその日は雪
    3.合唱オペラ「アシタノキョウカ・泉鏡花に歌う」より ひょうひょうかあかあ~うた・終曲・狂歌

    • 合唱:コーロ・カロス
    • 指揮:栗山文昭
    • ピアノ:寺嶋陸也 フルート:竹山愛 オーボエ:古部賢一 打楽器:高良久美子

    1.オープニング 「みんなのうた」ファンタジー 古橋富士雄 編曲
    夕日をおいかけて (近江靖子 作詞/山本直純 作曲)
    夕日が背中を押してくる (阪田寛夫 作詞/山本直純 作曲)
    ゆかいに歩けば (保富康午 訳詞/F.W.メラー 作曲)
    元気に笑え (阪田寛夫 作詞/F.W.メラー 作曲)

    2.故郷の温もり
    いちでたちばな (林光 作曲)
    刈干切唄 (小林秀雄 作曲)
    五ツ木の子守唄 (間宮芳生 作曲)

    3.ハンガリーの風
    Túrót eszik a cigány(ジプシーがチーズを食べる)
    Zöld erdőben(緑の森)
    Egyetem,begyetem(エジェテム・ベジェテム)

    4.想いでの名曲選
    「オデコのこいつ」より“ゆめ” (蓬莱泰三 作詩/三善晃 作曲)
    「三つの抒情」より“ふるさとの夜に寄す” (立原道造 作詩/三善晃 作曲)


    矢澤宰 作詩/萩原英彦 作曲
    女声合唱組曲「光る砂漠」より
    1.再会
    3.早春
    5.ほたるは星になった
    7.秋の午後
    9.ふるさと

    • 合唱:東京ウィメンズ・コーラル・ソサエティ
    • 指揮:岸信介
    • ピアノ:法嶋晶子

    行く末

    林望 作詩/上田真樹 作曲
    「あめつちのうた」
    空のうた
    樹のうた
    風のうた
    水のうた


    なだいなだ 作詩/信長貴富 作曲
    女声合唱とピアノ五重奏のための「いのりカンタービレ」


    加藤直 台本・演出/寺嶋陸也 作曲
    合唱オペラ「少年少女恐竜記」より

  • 合唱:栗友会合唱団「Saint-Jet」
  • 指揮:栗山文昭
  • ピアノ:寺嶋陸也 フルート:竹山愛 オーボエ:古部賢一 打楽器:高良久美子
  • チケット(全席自由)

    一般3,000円(当日3,500円)学生2,000円(当日2500円)高校生以下500円
    チケット取り扱い:
       ◆チケットぴあ(Pコード:215645・興行コード:2211048)
       ⇒販売ページはこちらから
       ◆またはお近くの出演者にお声かけ下さい。